ご相談お問い合わせ(お気軽にお電話ください)
電話番号
資料請求フォーム

2年ケイゴ最後のブログ 続き

馬の扱いに関しても馬は様々な性格があるので
何が正しくて、どれが間違いだとかは
はっきりとは分かりません。
でも、「叱ることも馬のため」
ただ、やり方を間違えると
人を怖がる子になってしまいます。
「馬は人を選べません」
馬は言葉は通じませんが
すべての行動や態度で人にメッセージを送ってきます。
だからそれぞれの馬に合わせるゆとりをもって
馬と共に上を目指すこと。
自分のやらせたいことをただ押し付ける前に
馬の状況や心を理解してから馬に
理解してもらえるように思考錯誤する
「人が怒りをぶつければ、馬はその倍の怒りや
恐れ、逃避という反抗を返してきてしまいます。
怒るのと叱るのは違います」
強く当たるだけが、馬の教育ではなく
馬の心と体にうまく駆け引きして、
良い方向へと導くのがホースマンだと学びました。
どんな厩務員になりたい?と聞かれれば
自分は馬の心に寄り添える厩務員になりたい!
と答えます。
そして馬からこの人が担当で
良かったと思われる厩務員を目指します!
経験が浅く技術も未熟な自分ですが
これから精進して立派な厩務員になります!
これまで関わってきた全ての人と馬に感謝して。
長くなりましたが以上で
ケーゴ最後のブログになります。
最後まで見ていただきありがとうございました!
これからも精進していきます!