ご相談お問い合わせ(お気軽にお電話ください)
電話番号
資料請求フォーム

専門一年まっちゃんです!!!!!

 

専門1年の

まっちゃんです!!!

 

この写真は先日の相馬野馬追に

参加させていただいた時のものです!!

まず最初に自己紹介からです!

 

年齢 22 『笑』老けてますね~

出身地 埼玉県 

趣味&特技 サウナ サッカー 

 

このバジガクに入るまで何をしていたかというと

大学生2年で中退し

フリーターを1年半していました。

その時は90キロあり

今よりも25キロも太っていました!

写真は80キロ。。。。。。

 

今の世の中で、卒業できる状況なのに

大学を辞めることは

進められることではないです。。。

 

同世代の人たちは

まともに就職し普通の人生を送るわけです。

 

自分がなぜ馬業界に入りたいと思ったかというと

競馬が好きで馬が好きになったのが最初で

 

次に競馬の賭け事を抜きにして

パドックで歩く競走馬たちを見たときに

興奮と今まで感じたことのない感情

が募ったからです。

 

また将来のことを考えたとき

自分が親になったとき

自分の子供に自慢出来るような事を職業にしたい!!

と思ったのも理由の1つです。

 

とにかく、ここバジガクに入りたくて

親にも大学を辞めるのは反対されましたが

ダイエットと説得をして無事

今年の春に入校することができました。

 

 フリーターのときには、ひとりアメリカに渡り

乗馬をしたり、カジノや銃を体験したりと

何もないからこそできることをたくさんしました。 

 

自分の中の一番の経験は

アメリカでのホームレス2週間生活です。

お金が無くなり帰りのチケットしかなくて

空港や路上で生きていました・・・・

 

その時に書いていた自分の日記には

精神が崩れていくのが

わかることが羅列して書いてあり、

 

人間のほんとに追い詰められた状況を

目の当たりしたこともあります。

 

精神的にもう怖いものはないので

他人よりは

メンタルは強いと思います!!!!!

 

さてさて、ここからは担当馬紹介です!!!!!

チャンピオンゴッドです。

 

ゴッドは入学最初は競走班で管理されていて

1年生の担当馬が決まるタイミングで

1年厩舎に新たに移動してきました!

 

同期では、ゴッドの最初の担当者に任命されました!

 

それからの担当者としての

自分とゴットの日々は怒涛の連続です。

 

厩舎から出してゴットを駐車場で曳き馬する時には

外に出るまでに通る過ぎなければならない

他馬にゴットは馬っ気を出して嘶きながら

速歩になりながら曳き馬したり

 p>

朝、検温測るために馬房前の

蹄洗場に出して止めて繋ぐだけなのに

止められず、毎回突破されてしまったり

 

お散歩するにもゴットの視界に入る他馬に反応して

引いている自分を無視して走り出し

吹き飛ばされそうになったり

 

ゴットの馬房の入り口の

馬栓棒取るだけなのに噛まれたり

 

レッスンに参加した時は

前の馬に突っ込んでゴットが蹴られたり

 

担当してからの最初の2か月間は

自分たちには

操縦不能のヤンキーでした 笑 

 

それから段々と自分を認識してもらいながら

ゴッド自身も厩舎に慣れて環境や仕事に慣れ

落ち着いてきてくれました。

 

その中でも一番

ゴッドと自分の距離が近くなったのは

福島相馬野馬追で

馬付きとして参加させてもらったことです。

野馬追では大活躍してくれて

何時間もの曳馬で常歩をしてくれました。

 

自分の感覚ですが

ゴッドが疲れたなと思ったときに

自分がでゴットの、そばにいたので

心の寄り所にしてくれてると感じました!! 

 

こうやってゴッドについては永遠に

書けちゃうので一言で終わります。。 

 

自分にとってゴットは

色々なことを教えてもらい

自分が馬業界の一員として

成長させてもらえている

心に残る大事な担当馬です。

 

まだまだ成長させてもらうぞゴッド!!!!!!! 

 

最後に今まで半年間在学して

一番感じたことを書いていきたいと思います。

 

それは

馬に乗ることの難しさです

 

自分は小学生から、ずっとサッカーをしていて

中学と高校はサッカーの推薦で入って

運動神経には自信もありました。

 

自慢ではありませんが

「何をしても大抵のことは出来る」

そんな感覚で、初めて馬に乗ったのを

すごく覚えています。 

 

最初は跨って座っていれば

馬に乗っていることは出来ます。

 

ですが、馬に指示を出して速歩や

駈歩をするなどコントロールする

乗る難しさを知りました。

 

馬に乗せてもらっている荷物には

簡単になれるけど

馬と共に動き、事を成すことの難しさ・・・

 

馬はやれるのに、自分が邪魔をして

できなくさせてしまう不甲斐なさ・・・

 

注意すべきことややるべきことは

自分の姿勢や脚の位置

手綱の使い方、騎座、脚を使っているときの手綱

たくさんのことがあります。

先生に言われたことは、頭で理解しているのに

馬の動きやバランスの中で継続して行うことが

体現できないのが、ほんとに悔しくてたまらない

 

うまくなりたくてしょうがないの

うまくなれない自分がみじめだと思う

 

サッカーは、がむしゃらにやって

才能もあればある程度の位置にまで行けていた

 

しかし今、馬に乗ることが

こんなにも難しくて

なにをしているんだと毎日考えます。 

毎日、試行錯誤して

自分を1番に考えるのではなくて

馬を1番に考える乗り方や

周りから認めてもらえるような騎乗を

この世界にいる限りは

下手くそだと言われたり、

どんなに罵倒されても

とことん突き詰めていきたいと思います。

 

最終的に何を言ってるか

わからなくなっちゃいました。。

 

要は騎乗が

うまくなりたい!!!

 

ただそれだけです。

 

先生に言われたことを

素直に吸収して体現したいです。

 

自分で読み返してみると面白かったです。

 

 

お~わ~り~