ご相談お問い合わせ(お気軽にお電話ください)
電話番号
資料請求フォーム

始めまして、専門1年のんです。

始めまして!

今回ブログを担当させていただく、

1年 のんです。

 

自己紹介

山梨県出身

年齢23歳(今年で24歳)

趣味、競馬、ゲーム、アニメ、お絵描き

 

好きな競走馬は

ナイスネイチャ

(有馬記念3年連続3着の馬で有名、現在31歳)

 

乗馬経験は無し。

 

約1年程前に見たアニメを

キッカケに競馬の業界で働く事に興味を持ち、

地元で働いていた仕事を辞めて

ここに入学しました。

JRAの厩務員

になる為に来ました。

 

では、自分の担当馬の

紹介をさせていただきます。

コロナプリンセスです!

(丸洗い中のコロナ)

 

自分はコロナと呼んでますが

他にもコロちゃんや先輩の方からはちまる

呼ばれていたりします。

 

牝馬で8歳位になります。

 

特徴としては

おしっこの量が多い

 

水をたくさん飲む

 

熊癖をする(頸を左右に揺らす)

 

食べるのが早い

 

なんでも食べる

 

お尻が痒い(馬房の柵でお尻を掻いてる)

 

左後肢管の傷跡

(見ると分かりますが凄く太くなってます)

でも、これは奇跡の復活の勲章なのでOK!

 

良い匂いがする

(よく分からないがコロナだけの香り)

 

コロナの魅力に

嵌まる人が多い(別名、魔性の女)

かわいい

 

と、色々ありますが、私は最初に

コロナの担当になってとある事を聞きます、

それが…

「コロナは男が嫌い」

と言うことです。

 

 /ヒエッ・・・\                         

               

い・いや・・・・だ、大丈夫と思って

コロナにあいさつに行って

噛みつかれた

のが僕とコロナのスタートでした。

 

(しかし、同じ女性には優しい)

 

それでも現在は

だいぶ仲良くなってきて、

近づいて触っても避けるから

噛み付かれなくなってきて、

 

仲良くなる為、コロナに貢ぎ物作戦で

青草をプレゼントしたりして

コミニュケーションをとりながら

無事にコロナの召し使い

担当者として頑張ってます。

 

馬との関係と言えば「「騎乗訓練」もあります。

私は未経験なので全てがとても新鮮です。

 

そんな中始まった初めてのレッスンでは、

軽速歩を試しにやってみようと言われ、

どうしても軽速歩のリズムで尻が上がらず

何故か正反撞を1人やってたり

(普通は正反撞の方が難しいらしい)

 

馬の動きや行動の意味が分からず

乗っていたら急に馬がしゃがみ、

自分を乗せて、鞍を着けたまま、

砂浴びされてしまったりと、

自分の思い通りにはいかない事も多いですが、

できなかった軽速歩もできるようになり

なんとか駈歩までついていく事が出来てます。

 

 

JRAの試験では、この乗馬の部分が

ちゃんと出来る事が大事との事で、

レッスン1つ1つを無駄にしない様、

意識して臨んでいます。

 

学校行事では、夏フェスの企画で

専門1年の出し物があり

一番面白かったチームに投票し、

4チーム中、1位になると、

オータムセールと言う北海道の

セリに行く権利を貰える!!

と聞き、私はチームのメンバーにこう伝えます。

「動画を作らない?動画編集は俺が出来るから」

こうして始まった

動画撮影と編集の日々。

 

普段の厩舎作業をしつつ、

終わった後に撮影、

それを編集する毎日は正直しんどかったですが、

 

チームの皆が協力的だった事、

先生や先輩も撮影に協力してくれた事、

さらに自身がどーしても

セリに行きたい気持ちがあり

(部屋にこもって夜遅くまで動画編集、眠かった)

 

・・・そして無事に出来た動画は

なんと、

投票で1番になり、

10月にオータムセール

行ける事になりました!!

(動画のワンシーン)(タイトルは「馬事学版CM集」)

自分の予想以上に笑ってくれた事や、

動画をまた見たいと言ってくれる人も何人かいて、

自分の動画編集のスキルが、

こんな形で実を結ぶ事も

あるんだなぁと嬉しく思いました。

 

 

気づけば入学して約3ヵ月が過ぎ、

慣れない作業に覚える事もたくさんあります、

年も周りの同学年の殆どが18歳の中、

23歳。(専門1年男の中では一番年上です)

(あんまり年上感は無いですが…)

実家の両親に学費の援助までして貰い、

これまでに無い環境に

身を置いてでもここに来たのは、

全ては自分の人生において新たに出来た目標

「自らの手で馬の馬生を、

競馬で頑張る馬を支えたい」

そしてそれを叶える第一歩として、

「JRAの厩務員を目指す」

と言う目標を成す為、

油断や慢心をせず、

この学校で学べる事は余す事無く学び、

胸を張って卒業出来る様に

毎日を頑張る事を忘れない様にしたいです。

 

以上で私のブログ紹介を

終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

(この学校は猫が多くて良いですね)