ご相談お問い合わせ(お気軽にお電話ください)
電話番号
資料請求フォーム

お久しぶりです!2年 しなちゃんです!

お久しぶりです

専門2年生になりました

爆笑しなちゃんです!

image

前回のブログから約半年

色々な出来事があり、

たくさんの事を学びました。

 

今回はそんな中でも

バジガクチュラ

の事について書かせて

貰いたいと思います。

 

知らない方もいらっしゃると

思うので

チュラの紹介から!

 

バジガクチュラ

2017 2 24日生まれ

(ちなみに自分と

誕生日が一緒なんです)

奇跡☆彡

 

 

左前肢が重度のクラブフットの為

競走馬になるのは難しい

そんな中たくさんの

方々のご支援があり

去年の秋ここバジガクに

やってきました。

 

クラブフットとは?

蹄の形がゴルフクラブのような形に

なってしまってる蹄の異形です

h=”420″ class=”PhotoSwipeImage” data-entry-id=”12494774503″ data-image-id=”14505219228″ data-image-order=”4″>

重度の異形は

予後不良になることもあったり

競走能力や使役に

耐えることができません。

 

蹄の底辺が広がらず、

屈腱が伸びません。

つま先の方しか地面につかないので

前部分は更に蹄は伸びません

 

バジガクにやってきたばかりの

チュラは放牧も

出来ないくらい蹄の状態が

良くありませんでした。

 

 

ですが、先生方、獣医さん、

装蹄師さんを始め

たくさんの方のおかげで

今は乗り運動まで

できるようになりました!

 

 

その間、沢山の方の力と

時間が必要でした。

でも、成長が進む前に直せなければ

骨格が変わってしまう為

走れるようにはならず、

そのままの蹄では

体重が増えれば

蹄葉炎にもなってしまう!

 

そうなれば苦痛を増やさないためにも

安楽死にも・・・・・

 

成長の時間との

勝負でもありました。

何度も何度も時間をかけ

治療装蹄で蹄の形を蹄を

伸ばしながら

直していく根気のいる治療です。

患肢の蹄に鉄でつま先を作り

n style=”font-size:1.4em;”>蹄の代わりをさせます。

 

鉄で作ったつま先があることで

肢の後ろ側に

流れている屈腱が延ばされます。

延ばされることで、かかと部分にも

負重ができるようになり

新しく生えてくる蹄が徐々に

正しい方向へと延びていく。

 

何か月もかけて、

蹄を伸ばしていきます

 

そして数か月後には!

問題ない肢の蹄の角度に

近づけることができました!

そのおかげで、

馴致もでき

人を背に乗せ、

走ることができるようになったんです!

 

そして今、他の2歳達よりも

人の手をかけてきたので

チュラはとても素直で

人の行動をよく見ている

賢い子です。

 

今、体も大きくなり力もついてきて

だんだんチュラの

自己主張も強くなってきました。

 

そこで馬との上下関係が

崩れないように

しかしチャラがのびのびと

過ごせるように

毎日試行錯誤の日々です

 

 

チュラとの信頼関係を

崩さないように叱り方1つにしても

馬が1度で理解できるように

心がけています。

 

飴と鞭の使い分けが

とても難しいですガーン

 

将来的には立派な乗用馬になって

小さな子供も乗せられるような

馬になって欲しいです!キラキラ

 

 

そして、今回チュラを助けて頂いた

装蹄師さんや馬を

見てくれる獣医さんが

世の中に増えてくれることを

祈っています。

 

馬を救い、育て、

活躍させるためには

私達ホースマンだけでなく

獣医師さんや、装蹄師さん

対に必要です!

どちらも現代では数が減り、

人手が減っていると

先生に聞きました。

 

のブログを読んで、

凄い仕事だと

将来自分がなりたいと

思ってくれる方が

増えてほしいなと思います

 

そして、チュラはまだまだ

成長中なので

これからも見守っていてください!!!