ご相談お問い合わせ(お気軽にお電話ください)
電話番号
資料請求フォーム

一般高校乗馬コース

馬と共に過ごす日々、他では経験できない高校生活が ここにあります。馬を通じて広がる様々な可能性!!

まったくの未経験からのスタートでも大丈夫!

「馬が好きで、触れ合うのが好き」「乗馬で感じる爽やかな風が好き」という純粋な理由や、「馬術競技会にどんどん出たい!」と言う明確な理由まで、様々な生徒のニーズに対応していくのが、乗馬馬術選手コースです。 乗馬経験のない初心者として、馬を基礎から学びながら高校卒業を目標にしている生徒をはじめ、より本格的な馬術を身につけ、馬術競技会での活躍を目指す生徒まで、個々に合わせてサポートします。伝統ある馬術を身につけ、大学進学や乗馬クラブへの就職などの、目標・将来へ向けて道を開きましょう!
乗馬馬術選手コース
乗馬馬術選手コース
乗馬馬術選手コース
乗馬馬術選手コース
乗馬馬術選手コース
乗馬馬術選手コース
乗馬馬術選手コース
乗馬馬術選手コース

一般高校乗馬コースの特徴

特徴①

未経験からでも安心!馬術大会にも出場できる!

入学後から生徒一人一人に与えられる担当馬。主に競走馬を引退した乗用馬を管理し、馬について基礎から学びながら、馬を管理していきます。担当馬を通じ、生徒の「動物を愛する心」が育まれ、それぞれの役割と責任をしっかりと担う事も、本校で飼育している約80頭の馬の管理には欠かせません。これらは「馬術大会出場」を目指す上でも、乗馬を楽しむ上でも、大切な過程です。
未経験でも安心!馬術大会を目指そう!

特徴②

それぞれのレベルに合わせて、乗馬ライセンスも取得!

東関東馬事高等学院では、公認指導員からの徹底的なレクチャーのもと、「全国乗馬倶楽部振興協会 乗馬ライセンス」や、「日本馬術連盟騎乗者資格」の取得を目指し、「馬術競技会への出場」を目指します。 「専門的な知識を持つ公認指導員だからこその指導」や、「ライセンスや資格を取得したその先を見据えた指導」が、他校に比べても高い、本校の合格率を保っている理由です。
日本馬術連盟の騎乗者資格・ライセンス取得!

特徴③

馬術大会への出場費用は全て本校が負担!

通常、馬術大会に出場する際の費用として、馬の輸送費や付添費、エントリー代、馬匹登録料を含め、参加一回あたり、約3~6万円が必要です。 しかし、本校では生徒にそんな費用の負担はありません。なぜなら、「今、生徒が必要としている機会を『今』与えたいから。」競技運営も同時に経験しながら、馬術競技大会の出場経費はすべて本校が負担しています。
馬術大会への出場費用は全て本校負担!

特徴④

本校で開催する「全国高校生馬術選手権大会」へ

本校では、年に2回「全国高校生馬術選手権大会」が開催されます。東関東馬事高等学院を舞台に、全国の高校から、高校馬術部に所属している選手が集まり、競い合いを繰り広げるこちらの大会。抽選にて割り当てられた馬に騎乗し、トーナメント方式で勝ち抜いていくというシステムで、頂点が決定されます。 本校のキャンパスで開催されると言う事もあり、本校の生徒にとって多くの刺激を与えてくれるこちらの大会は、高校馬術インターハイとは違い、「若手の馬術選手の強化」と「馬術の普及」を目的としているもの。全国の優秀な生徒にとっても、互いを高め合い、より技術を向上させるには欠かせない大会です。
本校で開催される、全国高校生馬術選手権大会!

特徴⑤

馬仲間たちとの交流により広がるネットワーク

東関東馬事高等学院の生徒たちは、本校のキャンパスで開催される馬術競技大会をはじめ、その他の舞台で開催される馬術競技大会の運営にも幅広く携わります。 馬術を披露するだけでなく、こうした活動を自ら行う事は、舞台の裏側を知り、実際に出場選手を支えると言う貴重な経験であり、本校の生徒にとって、自らのネットワークを広げるチャンスです。 生徒自身が将来を切り開いて行く上では、大切な仲間や互いを刺激し合うライバルとの出会いは欠かせません。また、日本を代表するオリンピック選手や全日本出場選手、乗馬クラブのインストラクターや、経営者などが集まる馬術競技会場でも活動する機会も。 馬業界をよく知る人物の隣で活動する事により、多くを学び、その存在を目指しましょう。 私たち東関東馬事高等学院、及び生徒は、馬業界に関わる多くの方々との交流を通じ、日本における乗馬の普及にこれからも大きく貢献していきます。
馬術競技大会の運営を通して学ぶ

特徴⑥

「進学・就職に有利な、東関東馬事高等学院での様々な馬術活動!」 生徒個人への指名求人依頼や大学馬術部からのオファーも!

東関東馬事高等学院にて、他校ではなかなか経験できない、「馬の管理」や「各馬術競技大会の運営に携わる」と言う経験を持った本校の生徒は、特殊な技術やキャリアを求められる馬業界で、今、必要とされています。 乗馬クラブからの本校に対する求人依頼は年々増えており、また、大学馬術部からのオファーも。 本校の馬術選手として活躍する生徒に対し、名立たる有名大学馬術部からのオファーも多くなっています。 ※日本大学・東京農業大学・福井工業大学・専修大学などへの馬術部セレクション制度を通した進学が決定しました。
進学・就職に有利な、東関東馬事高等学院での様々な馬術活動!

特徴⑦

「馬にも新たな道を!引退競走馬が進む「乗馬」という道」 生徒たちの弛まぬ努力と、乗馬関係者様のご理解があるからこそ救われる命

本校は、調教師の方々をはじめ、競馬の厩舎関係者様、牧場関係者様とのネットワークを通じて、引退競走馬が40~50頭が本校に仲間入りします。 本校に仲間入りした引退競走馬は、生徒たちの授業を通じて、再調教され、やがて乗馬のレッスンや馬術競技会などにも出場し、立派な乗用馬となります。 これらは、「命を育て、命を救う」と言う事の大切さを生徒が学ぶ機会になると同時に、馬にとっても「生きる道」へ繋がる活動です。
馬にも新たな道を!引退競走馬が進む「乗馬」という道

募集要項